ALBA(アルバトロスビュー)

ALBA(アルバトロスビュー)

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
トッププロのレッスンを豊富なビジュアルで分かりやすく伝えるゴルフレッスン誌。人気プロコーチの技術・スイング論、最新ギア情報、お得なコース情報、ゴルフファッションなど「明日のゴルフ」に役立つ情報を掲載しています。
[出版社]プレジデント社
[発刊日]2018/10/11
[発売日]第2,4木曜日
■定期購読
[期間]1年
┗価格14400円
[期間]月額払い
┗価格650円
[アクセスランキング]534位
[販売ランキング]110位
レビュー(48)

一冊定価:¥600
[ 購読する ]

[ バックナンバー(150) ]

■最新号目次■
【特集企画】
速く振るより“厚押し”が飛ぶ!
効率よく当てたらHS42m/sでも250ヤード
ここ一番、“飛ばしてやろう”と力んで振っても、ボールは飛びません。大事なのは速く振るよりも、ヘッドをどのようにボールに“当てる”か。ボールを押し込むような“厚押し”なら、パワーが超効率的に伝わるから、HS42m/sで250ヤード以上飛ばすことができますよ。

【特集企画】
グリーン奥からピン近下りでダボ確定……からの
一発逆転! ベイビーロブ
アプローチが苦手な黒田カントリークラブが伊澤秀憲に弟子入り! 短い距離をフワッと上げて止める“ベイビーロブ”を教わることに。シャンク恐怖症でフェースを開けなくなった黒カンへのアドバイスとは?

【特別企画】
松山英樹も惚れ込んだ
腕利きクラフトマンのスゴ技でボクらはどれだけ変わるの?
クラブの工房やメーカーには目利き・腕利きの職人さんがいて、その人が手を加えたクラブは見違えるように生まれ変わる。でも、わかってはいても工房って敷居が高い……そう思っているアナタ、一歩踏み出せば、自分のゴルフが劇的に良くなるぞ。

【ギア企画】
タイガー・ウッズの復活はギアにあり
やっぱりパターはブレード型がいいの?
今季パターに悩んでコロコロ替えていたタイガーが、最終戦の「ツアー選手権」でついに復活優勝! その手には「全米プロ」で優勝争いしたマレット型ではなく、慣れ親しんだエースのブレード型パターが握られていた。ブレードとマレット、結局どちらを選ぶべきなのか、アマプロみんなで検証してみた。

【銀のアルバ】
つかまりをとことん追求した13本
「美」ドローが打てる最新ドライバー
スライサーにとって永遠の憧れ、ドローボール。右から左に曲がる美しい放物線は、大きな飛びと満足感を得られる半面、引っかけやチーピンのミスと隣り合わせだ。そこで最新モデルの中から、スライサーでも球がつかまり、なおかつ左へのミスが出ない“美ドロー”が打てるドライバーを紹介しよう。
レビュー(48)

一冊定価:¥600
[ 購読する ]

[ バックナンバー(150) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
スポーツ 雑誌
ゴルフ 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2018雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search