クリーンテクノロジー

クリーンテクノロジー

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
本誌は、発展と応用分野の拡張の時代にあるクリーンテクノロジーの総合専門誌です。毎号、クリーンテクノロジーの最新情報を、その研究・調査・企画設計から建設・維持・メンテナンスにいたるまで、ソフトとハードの両面にわたって、実際に役立つかたちで皆様にお届けしてまいります。
[出版社]日本工業出版
[発刊日]2017/08/05
[発売日]毎月5日
■定期購読
[期間]6ヶ月
┗価格10000円
[期間]1年
┗価格20000円
[期間]3ヶ月
┗価格5000円
[アクセスランキング]3768位
[販売ランキング]1732位
レビュー(2)

一冊定価:¥2138
[ 購読する ]

[ バックナンバー(47) ]

■最新号目次■
■特集:病院設備と医薬品製造における最新環境1
○手術室照明環境における新たな取り組み/山田医療照明㈱/鈴木敏弘
これまでの医療の作業効率に配慮した環境に追加して、これからは患者にやさしい環境、医療従事者にとって働きやすい視環境が求められる。本稿では、天井、壁、床の配色のシーンに応じた照明先の色の切り替えなど、手術室の視環境における新たな取り組みについて報告する。

○災害時医療活動を支える非常用兼用コージェネレーション/JFEエンジニアリング㈱/清水 明
東日本大震災以降、災害発生直後から医療活動を継続遂行できることが、医療機関の命題となっている。本稿ではBCPに適したガスエンジン発電装置および時災害拠点病院におけるBCP対応の事例により二元燃料の有用性を述べる。

○垂直層流式手術室は感染防止効果が低いのになぜ増え続けるのか/TAC研究所/鈴木良延
手術室の空気清浄化の目的は手術部位感染症の低減化であるが、近年、垂直層流式は乱流式より感染症の防止効果が低いとの科学的根拠が示された。現在も層流式手術室は作り続けられている理由を探求し考察した。

○岡谷市民病院の自然エネルギー利用/㈱日本設計/井田 寛・小島靖徳・韋 宇銘・羽田聡子
長野県岡谷市にある地域の中核として建設された病院施設において実施した自然エネルギー利用とエネルギー使用量削減のための取り組みを紹介する。また、運用開始一年目のエネルギー使用量の結果を報告する。

○封じ込め設備におけるリスクマネジメント/ファルマハイジーンサポート/島 一己・
薬理活性の高い医薬品を取り扱う時に必要なのが「封じ込め技術」である。同技術は、品質確保のための交叉汚染防止、現場運転員の曝露防止、さらには周囲環境への拡散防止を実現する上で、重要な位置付けである。

○製薬用水QRM(リスク管理)のポイント/布目技術士事務所/布目 温
製薬用水は医薬品製造工場において、主要なユーティリティーであると同時に原料でもある。製薬用水設備は、安全な水を造るという第一段階はすでに確立されたが、安全な水を造った後の過程での汚染防止に当たる第二段階は確立されたとは言えない。本稿では、この第二段階である汚染防止活動をスタートするとき、把握が必要となる製薬用水設備内に潜んでいるリスクについて考えたい。

○手術環境の清浄化と環境整備/立正佼成会附属佼成病院/中村貴枝子
感染管理認定看護師の施設設備の感染対策における役割は、管理現状を把握し、施設設備部門と情報を共有・協働して感染対策を実施することで、手術を担当する医師・看護師等手術室の使用者と、設計・設備管理の専門家や担当者との橋渡しをする役割を担っている。本稿ではその感染管理認定看護師の立場から手術環境の清浄化と環境整備、特に空調管理と清掃について考えてみたい。

○医薬品製造工場向けHEPAフィルタ自動リーク検査システム/㈱テクノ菱和/唐木千岳・菅田大助・田村 一
医薬品製造工場におけるバリデーション項目に、HEPAフィルターのリーク試験がある。この試験を確実に行うために、リークの有無を自動で判別するリーク検査システムを開発したので、そのシステムを紹介する。

■解説
○ナチュラルチーズ工場のリステリア検査/雪印メグミルク㈱/宮本真理
リステリア属菌の迅速検査キットVIDAS UP Listeriaの専用増菌培地であるLPT液体培地を評価するとともに、工場における環境モニタリングの注意点について紹介する。

○細胞パターニングや組織形成を目指したゲルの微細加工技術/熊本大学/中島雄太
半導体加工技術の応用によりゲル材料を精密に加工できる技術を構築した。本技術の応用例として、細胞培養中の培養面を細胞非接着性から接着性へと変換する技術や細胞マイクロパターンを形成する技術について述べる。

○液中プラズマを用いた水処理技術/上智大学/土田晃大・堀越 智
プラズマや液中プラズマについての解説を行った。マイクロ波電源を用いた液中プラズマ装置の問題点を解決し、1,4-ジオキサンやペルフルオロオクタン酸(PFOA)を用いたモデル汚染水の処理から、既存の水処理法より迅速に処理できること明確にした。

■連載
○わかりやすく学べるクリーンルームの基礎と汚染対策 第51回/新日本空調㈱/水谷 旬

○リチウムイオン電池におけるクリーンとグリーン 第4回/泉化研㈱/菅原秀一

■製品紹介
○建築物管理に求められる空気環境測定/日本カノマックス㈱/永井秀康・辻村知弓

■研究室紹介
○大阪府立大学植物工場研究センター/大阪府立大学/吉田篤正
レビュー(2)

一冊定価:¥2138
[ 購読する ]

[ バックナンバー(47) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
テクノロジー・科学 雑誌
地球科学・環境問題 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2017雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search