航空母艦赤城を作る

航空母艦赤城を作る

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
空母機動部隊の旗艦であり、日本初の大型空母として知られる「航空母艦赤城」。太平洋戦争初期、欧米列強国の艦艇に対して破竹の連勝を収めたとで「世界最強」と恐れられ、数々の輝かしい戦歴を残し最強空母艦隊の礎を築きました。『週刊 航空母艦 赤城を作る』は、毎号付いてくるパーツを組み立てて、赤城の勇姿を250分の1スケールで再現するパーツ付クラフトマガジンです。マガジンでは赤城を様々な角度から解説するほか、世界の空母や世界の軍艦機などを貴重な写真やイラストで解説します。模型は格納庫やエレベーターなどの甲板下の構造を再現するほか、艦上機 3機種 全21機も製作します。木製パーツと金属パーツを組み立てれば、細部までこだわった、全長1m超の迫力ある模型が完成します。※本シリーズは100号で完結します。
[出版社]デアゴスティーニ・ジャパン
[発刊日]2012/01/24
[発売日]毎週火曜日
■定期購読
[アクセスランキング]6988位
[販売ランキング]2392位
レビュー(4)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

■最新号目次■
■航空母艦赤城
赤城が与えた影響
近代化改装で変更された飛行甲板や艦橋の位置、改良が繰り返された着艦制動装置など、日本海軍は、赤城の運用経験を活かして、以降の空母を設計した。

■世界の航空母艦戦史
日本海軍の最後の戦い
米英の空母部隊は、1945(昭和20)年8月15日の終戦当日まで日本本土を攻撃し、日本軍はわずかに残った航空隊で迎撃戦闘を続けた。

■世界の空母100選
信濃(日本)
大和級戦艦から改造された超巨大空母。大きな船体と重防御が期待されたが、改造が急がれたために工事や試験が省略され、竣工のわずか10日後に沈められた。

■世界の艦載機
中島 艦上偵察機彩雲(日本)
時速600kmを超える高速を発揮した高速艦上偵察機。空母部隊が壊滅した後に実用化されたため空母で運用される事はなかったが、優れた偵察機として活躍した。

■ステップ・バイ・ステップ
艦尾の艤装・アンテナを作る
各号の組み立て方法についてご紹介いたします。
レビュー(4)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
趣味・芸術 雑誌
ミリタリー・サバゲー 雑誌
分冊百科・ワンテーママガジン

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2017雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search