胃と腸

胃と腸

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
毎月の特集では最新の知見を取り上げる。症例報告も含め、美麗なX線・内視鏡写真や病理写真を多数提示し、病態を画像で説明する。内科、外科、病理の連携により、治療につながる診断学の向上をめざす。年1回増刊号を発行。
[出版社]医学書院
[発刊日]2018/05/10
[発売日]毎月25日
■定期購読
[期間]1年(増刊号付)
┗価格46915円
[期間]1年(増刊号・電子版付/個人)
┗価格52315円
[アクセスランキング]2484位
[販売ランキング]855位
レビュー(2)

一冊定価:¥3240
[ 購読する ]

[ バックナンバー(30) ]

■最新号目次■
■早期胃癌2018■
□序説
早期胃癌の過去・現在・未来(吉田 茂昭)

□主題
早期胃癌の時代的変遷
胃癌の疫学(祖父江 友孝・他)
臨床病理学的変遷(田邉 寛・他)
内視鏡画像からみた早期胃癌の昔と今(森山 智彦・他)
早期胃癌検診の現状(榊 信廣・他)
早期胃癌のスクリーニングのコツとピットフォール
X線検査(長浜 隆司・他)
経口内視鏡検査(平澤 俊明・他)
経鼻内視鏡検査(川田 和昭・他)
早期胃癌の診断の基本
X線診断(入口 陽介・他)
通常内視鏡診断(大原 秀一・他)
画像強調内視鏡診断-診断体系と臨床応用(八尾 建史・他)
NBI拡大内視鏡診断-組織型診断の観点から(濱本 英剛・他)
超音波内視鏡診断(名和田 義高・他)
病理診断-臨床病理学的取り扱いを含めて(九嶋 亮治)
H. pylori未感染胃癌-現状と未来の課題(吉村 大輔・他)
H. pylori除菌後発見胃癌の内視鏡診断と除菌の功罪(八木 一芳・他)
H. pylori除菌後胃癌の内視鏡診断と除菌の功罪(丸山 保彦・他)
早期胃癌の治療と予後
早期胃癌に対する内視鏡治療の現状(滝沢 耕平・他)
外科治療(竹内 優志・他)
高齢早期胃癌患者に対する治療の現状と今後の展望(関口 正宇・他)
リスク層別化に基づく早期胃癌に対するサーベイランス(七條 智聖・他)
特殊な組織型を呈する早期胃癌
Epstein-Barr virus関連胃癌・リンパ球浸潤癌(海崎 泰治・他)
カルチノイド・内分泌細胞癌(海崎 泰治・他)
肝様腺癌と胎児消化管類似癌(八尾 隆史・他)
胃底腺型胃癌(上山 浩也・他)

□ノート
ロボット内視鏡治療の現状と未来(樺 俊介・他)
endocytoscopyの現状と未来(貝瀬 満・他)
胃癌遺伝子検査の現状と未来(永塚 真・他)
レビュー(2)

一冊定価:¥3240
[ 購読する ]

[ バックナンバー(30) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
看護・医学・医療 雑誌
臨床内科 雑誌
理学療法 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2018雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search