印刷雑誌

印刷雑誌

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
月刊「印刷雑誌」は、明治24年(1891)に発行された初代「印刷雑誌」の二代目として大正7年(1918)に創刊され、印刷科学・技術情報誌として最新の印刷技術はもとより、印刷文化、デザインや出版など印刷を取り巻く関連情報を積極的に紹介し、印刷会社の経営者から製作、営業担当の方まで、印刷および関連産業に携わる幅広い読者の方々にご愛読いただいております。今日、時代は大きく揺れ動き情報は氾濫して個々人の価値観は複雑多岐にわたっています。そして情報産業の一端を担っている印刷界も変革期のただ中にあり、その技術形態や役割も大きく変わろうとしています。
[出版社]印刷学会出版部
[発刊日]2004/07/20
[発売日]毎月20日
■定期購読
[期間]1年
┗価格18144円
[期間]月額払い
┗価格1512円
[アクセスランキング]977位
[販売ランキング]1658位
レビュー(1)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

■最新号目次■
【特集】:《印刷発注者の要望》
◇宣伝媒体としての印刷メディア〔伊勢雅明〕
◇電話帳印刷の技術的対応〔鈴木猛〕
◇蛍が舞う映画ポスター
◇印刷コンサルティングの役割 ―講談社―
◇中吊り広告でのPDF/X1-a運用 ―扶桑社―
◇コミュニケーションの中核の役割〔谷口雅彦〕
【巻頭カラー】
◇オフセット印刷で付加価値 ―映画ポスターと中吊り広告―
【技術情報】
◇機械を大事に扱い生産を上げる ―小森会―
◇新製品紹介
◇特許公開公報
【学会関連情報】
◇日本印刷学会会報
◇春期研究発表会開催
◇初心者にもわかる印刷技術教室〔関悦憲〕
【海外情報】
◇ワールドニュース〔田中靖祐〕
【大防法改正特別寄稿】
◇印刷業界におけるVOC対策と今後〔殖栗正雄〕
◇VOC排出削減と今後のインキのあり方〔福村紀夫〕
【業界動向】
◇「オリーブ搾り機」がヒント?〔松浦広〕
◇意識改革をめざして ―丸山印刷―
◇短納期とリスク分散を実現 ―富士包装紙器―
◇出版不況の中,増収 ―図書印刷―
【連載】
◇太政官札の登場(1)〔島崎一郎〕
◇わたしの印刷手帳(68)〔尾鍋史彦〕
◇京都の若旦那コンピュータ奮闘記(116)〔中西秀彦〕
◇デジタル出版よもやま話(68)〔植村八潮〕
◇印刷工場経営者列伝(9)〔山本隆太郎〕
◇文学の中の印刷シーン(6)〔滝口富夫〕
◇電子出版探訪シリーズ(1)
レビュー(1)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
テクノロジー・科学 雑誌
情報処理 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2018雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search