科学史研究

科学史研究

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
『科学史研究』は日本科学史学会の機関誌です。創立以来70年余の歴史を持つこの学会の機関誌として、国内では最も早くに刊行された科学史・技術史の専門誌です。古代から現代まで、物理学史・生物学史・数学史・化学史・地学史・医学史・技術史などなど、幅広いジャンルと時代をカバーする、科学技術の歴史を網羅する総合誌です。現代の科学技術の成り立ちや歴史にご関心のある方のお手元にぜひ。
[出版社]日本科学史学会
[発刊日]2018/04/28
[発売日]1,4,7,10月の28日
■定期購読
[期間]月額払い
┗価格2000円
[期間]1年
┗価格5600円
[アクセスランキング]3033位
[販売ランキング]2999位
レビュー(0)

一冊定価:¥2000
[ 購読する ]

[ バックナンバー(50) ]

■最新号目次■
【論文】
科学史・技術史関連科目とはどのような科目か?
――2016年度シラバスのテキストマイニングを手掛かりとして 杉本 舞
岩橋善兵衛の八稜筒形望遠鏡の発見 株本訓久
【シンポジウム】
高等教育における科学技術史と科学基礎論
――『科学史・技術史関連科目の開講状況に関する調査』を踏まえて
隠岐さや香・杉本舞・村上祐子・小長谷大介・佐野正博・松原洋子
【科学史入門】
忠犬ハチ公、軍用動物と戦時体制――動物文化史の視点から 溝口 元
【アゴラ】
和田雄治『朝鮮古代観測記録調査報告』刊行100周年に際して 任 正爀
【書評・紹介】
グザヴィエ・ロート(田中祐理子訳)『カンギレムと経験の統一性
――判断することと行動すること 1926-1939年』(小林祐太)
田口直樹編著『アスベスト公害の技術論――公害・環境規制のあり方を問う』(山崎文徳)
杉山滋郎『「軍事研究」の戦後史――科学者はどう向きあってきたか』(兵藤友博)
水沢光『軍用機の誕生――日本軍の航空戦略と技術開発』(山崎文徳)
大谷卓史『情報倫理――技術・プライバシー・著作権』(加藤弘則)
佐賀医学史研究会編『佐賀医人伝――佐賀の先人たちから未来への贈り物』(藤本大士)
【編集後記】
レビュー(0)

一冊定価:¥2000
[ 購読する ]

[ バックナンバー(50) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
テクノロジー・科学 雑誌
化学 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2018雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search