教育と医学

教育と医学

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
子どもが心身ともに健康な成長をとげるためにはどうすべきか提言する教育誌です。毎号、現代を反映する問題や、社会のニーズに応えるテーマを特集として取り上げます。専門領域外の読者にも分かるようにコンパクトにまとめて執筆しているので、情報収集にも役立ちます。執筆するのは、教育学、医学、社会学、心理学、民俗学の研究者、看護・福祉・教育の現場の方々など。特集テーマを多角的に論じるユニークな編集です。
[出版社]慶應義塾大学出版会
[発刊日]2018/08/27
[発売日]毎月27日
■定期購読
[期間]1年
┗価格8200円
[期間]月額払い
┗価格740円
[アクセスランキング]2108位
[販売ランキング]874位
レビュー(6)

一冊定価:¥740
[ 購読する ]

[ バックナンバー(124) ]

■最新号目次■
[特集1]過労死ラインとされている残業60時間/月を超えている人の割合の多いのが、教師です。教師の働き方改革などが提言されていますが、過重労働の実態と「ワーク・ライフ・バランス」という視点から、現状をどう打破できるか提言します。実際の改善例も紹介します。

[特集2]タイの洞窟に子どもたちが閉じ込められた事故で、瞑想が注目されています。マインドフルネス(瞑想)は、子どものメンタルヘルス対策を学校保健でも取り組みが求められています。徐々に浸透してきている「マインドフルネス(瞑想)」を紹介します。

特集1 ■ 教師のワーク・ライフ・バランス

巻頭随筆 働き方改革の第一歩は………長沼 豊
忙しすぎる学校をどうするか―長時間労働の日々と学校の当たり前を見つめなおす………妹尾昌俊
教員の多忙化がもたらす弊害………久保田真功
公共政策学から教員の多忙化の解決策を探る………青木栄一
教師のメンタルヘルスとワーク・ライフ・バランス………廣 尚典
ジェンダーの視点から見た教員のワーク・ライフ・バランス………内海﨑貴子
教師のワーク・ライフ・バランス改善―学校専門ワーク・ライフ・バランスコンサルタントの立場から………澤田真由美

特集2 ■ マインドフルネス(瞑想)と教育・医療

教育と医療におけるマインドフルネス―児童生徒を対象とするプログラムの実践と可能性………石川遥至・越川房子
痛みを和らげるマインドフルネス………有村達之
矯正教育におけるマインドフルネス:効果と課題………池埜 聡

〔連 載〕
名画に観る教育と医学▼『湯を沸かすほどの熱い愛』………冨田和巳
カレント・トピックス▼私立大学の将来像………阿部 洋
特別支援教育のページ▼久里浜だより=情報・支援部のチャレンジ………独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
レビュー(6)

一冊定価:¥740
[ 購読する ]

[ バックナンバー(124) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
教育・語学 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
教員・教師 雑誌
その他 医学雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2018雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム
ODP Search