ミステリーズ!

ミステリーズ!

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
読書の楽しみ、ミステリの愉しみ――『ミステリーズ!』は、ミステリ出版の老舗・東京創元社が自信をもって贈るミステリ専門誌です。国内ミステリの精鋭、人気作品、厳選した海外翻訳ミステリ…etc.随時、話題作・注目作を掲載。書評、評論、エッセイ、コミックなども充実!
[出版社]東京創元社
[発刊日]2019/02/12
[発売日]毎偶月12日
■定期購読
[期間]月額払い
┗価格1296円
[アクセスランキング]4957位
[販売ランキング]9371位
レビュー(0)

一冊定価:¥1296
[ 購読する ]

[ バックナンバー(14) ]

■最新号目次■
【新連載】
真藤順丈 塔の国 第1回
●可愛い我が子の行方を追って、母の奮闘が始まる。日系人収容所を舞台にした壮大な長編、連載開始!


【懸賞付き犯人当て小説 第3回】
東川篤哉 アリバイのある容疑者たち【問題編】
●【懸賞付き犯人当て小説】容疑者は四人、あなたは真相を見抜けるか? 本格推理の旗手が放つ、初の犯人当て


【懸賞付き犯人当て小説 第2回】
米澤穂信 伯林(ベルリン)あげぱんの謎【実食編】
●解答編です。三つのポイントを押さえ、あなたは小鳩君と同じ結論に辿り着けましたか?

【懸賞付き犯人当て小説 第1回】
【講評】市川憂人 「赤鉛筆は要らない」当選者発表!


【連載】
樋口有介 うしろから歩いてくる微笑 第6回
●ロンドンで大橋明里らしい女性を見かけた目撃者のもとを尋ねる柚木と芹亜。事件は思わぬ展開に……

福田和代 東京ホロウアウト 第5回
●トンネル火災、鉄道線路の土砂崩れなどの影響で、食料が品薄になり始めた東京。更に、第二の青酸ガス事件が起きてしまう

太田忠司 遺品博物館 第3話 何かを集めないではいられない
●マニア垂涎のお宝が眠る店の主が亡くなった。駆けつけた男たちの前に現れた謎の人物とは……


【読切】
舟里 映 頭山
●植物が人間に牙を剥いた。焼きつくせ。第三回創元SF短編賞日下三蔵賞受賞作

町田そのこ ままごとの家
●“うつくしが丘の不幸の家”二番目の家族の物語

明神しじま 対岸の火事
●どんな怪我でも治療できると噂される名医。その真偽を確かめるため、孤児の少年は、謎の男カルマに協力することになるが


【連載コミック】
喜国雅彦 嗜好機械の事件簿 Case12


【特別企画】
対談 『王とサーカス』文庫化記念
米澤穂信×北村 薫「ミステリーを通して世界を見る」

【特別寄稿】
松浦正人 連城三紀彦傑作集へのもうひとつのあとがき
連城三紀彦 黒真珠
●見知らぬ女性からの電話──恭子は抽き出しに仕舞いこんでいた黒真珠のことを思い出す。単著未収録の短編を再録


【エッセイ】
田村知世 ジュンク堂書店吉祥寺店 書店の窓から


【インタビュー】
[受賞記念]
川澄浩平 第28回鮎川哲也賞
齊藤飛鳥 第15回ミステリーズ!新人賞

[『ナチス第三の男』公開記念]
ローラン・ビネ インタビュー&構成:三橋 曉


【ブックエッセイ】
名取佐和子 私の一冊 小沼 丹『黒いハンカチ』
高橋 啓 私はこれが訳したい44 La belle n’a pas sommeil by Éric Holder


【ミステリーズ! ブックレビュー】
瀧井朝世 [文芸全般]
宇田川拓也[国内ミステリ]
酒井貞道 [翻訳ミステリ]
大川正人 [新訳・復刊]

お楽しみTV
定期購読のご案内
執筆者紹介
次号予告・編集後記
レビュー(0)

一冊定価:¥1296
[ 購読する ]

[ バックナンバー(14) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
文芸・総合 雑誌
その他
文芸誌・小説 雑誌
その他 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2019雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム