ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
『ENGLISH JOURNAL』は、著名人のインタビューや、すぐに役立つ特集、世界のニュース、ネイティブのトークなど、バラエティー豊かな英語が収録されており、楽しみながらオールラウンドな英語力を身に付けることができる学習情報誌です。すべての英文には対訳と語注がついているので、目的やレベルに合せた幅広い学習が可能。読み応えのある連載記事も満載で、毎号飽きずに英語学習を継続できます。信頼と実績の英語学習情報誌のトップランナーです。※「2020年4月号から音声はダウンロードのみでの提供となります。」
[出版社]アルク
[発刊日]2021/01/06
[発売日]毎月6日
■定期購読
[期間]月額払い
┗価格1417円
[期間]1年
┗価格16940円
[アクセスランキング]226位
[販売ランキング]462位
レビュー(92)

一冊定価:¥1540
[ 購読する ]

[ バックナンバー(28) ]

■最新号目次■
■特集■
ネイティブに一発で通じる LとRの「超」発音トレーニング
いつになっても悩ましいのが、「私の発音はきれいなの」?ということ。通じればいい! とは思うものの、やっぱりきれいな発音で英語を話したい――。そんな方のために、今回は鬼門ともいえる「L」と「R」のスペシャルトレーニングをご用意しました。しっかり鍛えて、英語の発音で周囲に感動の嵐を巻き起こしましょう。

■学習コーナー(インタビューのスクリプト&音声DL)
Intervew1 ジョージ・クルーニー(俳優・映画監督)
すべてを失ったとき、人間が本当に求めるものは何か

Netflixオリジナルの新作映画『ミッドナイト・スカイ』の監督・主演を務めたジョージ・クルーニーのインタビューをお届けします。新作の話題に加え、これまでのキャリアを振り返り、人気俳優であることに飽き足らず監督をしようと思った理由などを語ります。

Interview2 カイリー・ミノーグ(ミュージシャン)
今の時代だからこそ必要な「ディスコ音楽の神髄」

「ロコモーション」(1987)や「ラッキー・ラヴ」(1988)などの世界的ヒット曲で知られる、カイリー・ミノーグ。歌手活動のみならず、デザイナー、起業家、俳優、慈善家など、さまざまな分野で活躍を続けています。2020年11月には、自身の15作目のアルバム『ディスコ』がリリースされました。インタビューでは、「ディスコ音楽への思い」「自分のワインブランドのこと」「ゲイカルチャーのアイコンとなったことに気付いたときの思い出」などを語っています。

ココロに届く いい話、いい英語
Tea Time Talk
Love Letter

ゲストを迎えて気ままにおしゃべり
Quick Chat
冬のお悩み

Lecture
ジェームス・M・バーダマン
英語で読み解く 日本の近代史 第2回

クイズに答えて商品を当てよう!
Mystery Speakers
Lost and Forlorn

連載
Remarkable Japan! 日本人の知らない意外なニホン/EJ Culture/LONDON STORIES――多文化都市に暮らして/Let’s Talk About You あなたに10の質問/通訳の現場から/世界の英語/冠詞をめぐる冒険 aとtheを間違えたら異世界に飛ばされてしまった

ほか
レビュー(92)

一冊定価:¥1540
[ 購読する ]

[ バックナンバー(28) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
教育・語学 雑誌
リスニング教材・語学CD
英語教育・英会話 教材

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2021雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム