栄養と料理

栄養と料理

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
『栄養と料理』は、昭和10年の創刊より「食と健康」をその一貫したテーマとしております。それは、病気になる前に病気にかかりにくい体をつくる「予防医学」の考えに基づいているためです。毎日を生き生きと過ごすため健康であること(病気にならないこと)が何よりも大切です。健康を維持するには、普段の食事が大きなウエイトを占めています。そのため『栄養と料理』で紹介する料理すべてに、エネルギー(kcal)と塩分、栄養成分値を表示しています。多くの方々の楽しく、健康的な暮らしのお役に立てればと思っております。
[出版社]女子栄養大学出版部
[発刊日]2021/01/09
[発売日]毎月9日
■定期購読
[期間]1年
┗価格9000円
[期間]月額払い
┗価格880円
[アクセスランキング]444位
[販売ランキング]166位
レビュー(140)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(87) ]

■最新号目次■
【特集】おいしい減塩アイデア
まずは現状把握から始めよう 日本人の食塩摂取量は今・・・/ 田中明
目指すは「塩分1日6g」 塩分1食2gの冬ごはん 朝 昼 夕/ 新谷友里江
”中食”1人分を2人で分ける らくらく&減塩レシピ/ 本田よう一
健康とおいしさに役立つ「さじ加減」とは? もっと知りたい「塩」の話/ 西村敏英・高梨浩樹
素朴な疑問にお答えします! 血圧のふしぎ/ 佐藤智子
読者の疑問2 日中も血圧測定できるウェアラブル血圧計の使い勝手や精度は

【料理】
李さん流 旬の野菜の楽しみ方 冬はやっぱり大根!/ 李映林
家にいながら学べる! オンライン時代の料理教室
冬にぴったり、リッチな味わい ラムレーズンのお菓子/ 高石紀子

【連載】
きょうも元気にボタンと応用力/ 香川明夫
思い出の味【俳優真飛聖さん】
毎日がときめく歩き方レッスン 「春に向けて体をセットアップ」/ 篠田洋江
いろはにアラフィフ「突き出しとお通し」/ ふじわらかずえ
近藤幸子さんの楽ワザ!クッキング 「だし」を使わない煮物
「おいしさ」を科学する寒くなるとみかんの皮の色はなぜ緑色から黄色に変わるの?/ 西村敏英
新・食の社会科見学 「株式会社LTaste」
アジアで出合った花料理帖 「バタフライピー」/ 沙智
専門家に聞きたい ちょっと気になる症状「手指のカサつき
このコトバ国語辞典に聞いてみよっ焼酎/ サンキュータツオ
食品に見る機能性成分のひみつ「しょうが」ジンゲロール/ 中村宜督
栄養watchウイルス除去後の肝がんを予防する食事/ 香川靖雄
食と健康の仕事人「”守り”の心で、一生ものの道具に 広瀬康二さん」
佐々木敏がズバリ読む栄養データ 過去の研究から推理する STAY HOMEは家庭での食育の機会になりえたか
「スマートミール」を活用しましょう!《cafe食堂 Laugh》./ 武見ゆかり
ど定番の減塩レシピ【今月のど定番】ミネストローネ/ 本田よう一
レシピカード 鶏ひき肉 / 関岡弘美
「映える」ってどういうこと? 間・接・自・慢/ 原田曜平
レビュー(140)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(87) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
健康・生活 雑誌
グルメ・料理 雑誌
健康・家庭医学 雑誌
レシピ 雑誌
栄養学・食育 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2021雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム