Orthopaedics(オルソペディクス)

Orthopaedics(オルソペディクス)

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
毎号、日々の臨床に即した1つのテーマにしぼり、全ページにわたって様々な角度から解説している。一つ一つの論文に図表を多用し、多くのページを割いているため、読者の「ここまで知りたかった」という要望に応える。若手の先生方、開業の先生方から絶大な支持を受けている。
[出版社]全日本病院出版会
[発刊日]2021/07/15
[発売日]毎月15日
■定期購読
[期間]2021年1月号~12月号(増刊号1冊付)
┗価格40590円
[期間]月額払い
┗価格2640円
[アクセスランキング]827位
[販売ランキング]591位
レビュー(28)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(72) ]

■最新号目次■
特集/整形外科における体外衝撃波治療の実際
編集企画/熊井司(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)/倉秀治(羊ケ丘病院理事長)

体外衝撃波の基礎知識 高橋謙二

≪集束型衝撃波(FSW)≫
上肢の軟部組織障害に対する集束型衝撃波療法 岩堀裕介

≪集束型衝撃波(FSW)≫
FSWの腱障害に対する使用とその効果:下肢の疾患 西田雄亮ほか

≪集束型衝撃波(FSW)≫
FSWの骨疾患に対する使用とその効果 髙橋達也ほか

≪拡散型圧力波(RPW)≫
リハビリテーション現場でのRPW治療 杉岡辰哉ほか

≪拡散型圧力波(RPW)≫
術後関節拘縮に対するRPWの応用 水谷仁一ほか

スポーツ現場における集束型衝撃波(FSW)および拡散型圧力波(RPW)の活用 鈴木龍大ほか

≪集束型衝撃波(FSW)≫:新たな疾患への挑戦Ⅰ
肘離断性骨軟骨炎に対する応用の可能性 松浦哲也ほか

≪集束型衝撃波(FSW)≫:新たな疾患への挑戦II
小児痙縮に対する応用の可能性 吉田清志ほか

≪集束型衝撃波(FSW)≫:新たな疾患への挑戦Ⅲ
皮膚創傷に対する応用の可能性 村上秀孝ほか

≪拡散型圧力波(RPW)≫:新たな疾患への挑戦Ⅳ
筋疲労に対する応用の可能性 岩山亜里奈ほか

わが国における体外衝撃波治療の現状:JOSSTでのアンケート結果から 田中博史
レビュー(28)

一冊定価:¥0
[ 購読する ]

[ バックナンバー(72) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
新聞・業界紙
看護・医学・医療 雑誌
業界新聞・専門紙
医療技術 雑誌
理学療法 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2021雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム