化学

化学

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
ナノテク,バイオ,環境など今話題の研究は,もとをただせば原子と分子の世界,つまり化学です.21世紀の化学はさまざまな周辺領域に広がりながら新しい学問を生みだし続けています.本誌は,第一線で活躍する研究者が解説した「注目の論文」や「最新のトピックス」をはじめ,研究に役立つスキルの向上を目的とした連載講座,研究者自身の人柄や研究姿勢などをテーマに独自の切り口で編集した記事を多数掲載.「内容は高く,表現はやさしく」をモットーに,化学のおもしろい情報と話題を提供します。
[出版社]化学同人
[発刊日]2019/11/18
[発売日]毎月18日
■定期購読
[期間]1年
┗価格8700円
[アクセスランキング]1735位
[販売ランキング]607位
レビュー(21)

一冊定価:¥880
[ 購読する ]

[ バックナンバー(159) ]

■最新号目次■
【特別解説】2019年ノーベル賞を読み解く

〔化学賞Part1〕リチウムイオン電池の誕生から発展まで ●安部武志

〔コラム〕固体化学者の長年の夢──Goodenough先生のノーベル化学賞を祝って ●陰山 洋

〔化学賞Part2〕リチウムイオン二次電池関連特許──広く強い権利を得るための戦い ●中務茂樹

〔コラム〕Whittingham先生のお人柄──ノーベル化学賞受賞に寄せて ●枝 和男

〔化学賞Part3〕【再掲】IT社会を支える「リチウムイオン二次電池」──完成までに訪れた三つの発明の瞬間 ●吉野 彰

〔生理学・医学賞〕ハイポキシア研究を巡る随想──Semenza博士のノーベル生理学・医学賞受賞に寄せて ●永澤秀子

〔物理学賞Part1〕ビッグバンから宇宙はどのように進化したのか? ●長峯健太郎

〔物理学賞Part2〕太陽系外惑星の発見──新しい世界への扉が開かれた! ●佐々木貴教

【紹介】国際周期表年2019 短期集中連載(3)
エレメンタッチの開発者 前野悦輝教授(京都大学)に聞く ●『化学』編集部

★好評連載★

◆カガクへの視点 海洋プラスチックごみ問題の不思議 ●永井一清

◆化学つれづれ草 (32)リチウムイオン二次電池 ●田中一義

◆ケミストが語る 形成・美容外科学よもやま話(最終回)傷のカガク──創傷治癒の発展の歴史をたどる ●高田弘弥

◆化学者のための哲学──哲学は化学を挑発する(最終回)AIと化学と哲学と ●落合洋文

◆分析機器の進化から見た 現代化学史
(12)コロイドおよびタンパク質の研究──原子や分子の実在性の証明 ●廣田 襄

◆誰も教えてくれない! 物理化学
(8)スペクトルの基本,わかってる?──赤外分光法って何?(導入編)●宮川雅矢(監修:田中秀樹)

◆化学ナンバープレイス

◆編集室から

◆総目次

【2019年の化学】

<注目の論文>
金属電極特性を左右する縁の下の力持ち/過渡吸収分光を二次元に!/16%を超える変換効率を達成/多環芳香族炭化水素への「ドーピング」

<最新のトピックス>
化学の世界を変える新兵器/π共役メビウス分子の合成
レビュー(21)

一冊定価:¥880
[ 購読する ]

[ バックナンバー(159) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
テクノロジー・科学 雑誌
化学 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2019雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム