科学史研究

科学史研究

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
『科学史研究』は日本科学史学会の機関誌です。創立以来70年余の歴史を持つこの学会の機関誌として、国内では最も早くに刊行された科学史・技術史の専門誌です。古代から現代まで、物理学史・生物学史・数学史・化学史・地学史・医学史・技術史などなど、幅広いジャンルと時代をカバーする、科学技術の歴史を網羅する総合誌です。現代の科学技術の成り立ちや歴史にご関心のある方のお手元にぜひ。
[出版社]日本科学史学会
[発刊日]2020/10/28
[発売日]1,4,7,10月の28日
■定期購読
[期間]月額払い
┗価格2200円
[期間]1年
┗価格5704円
[アクセスランキング]1910位
[販売ランキング]4130位
レビュー(0)

一冊定価:¥2037
[ 購読する ]

[ バックナンバー(30) ]

■最新号目次■
論文
ハイム・ガルベル(1903–1937)の技術論
――消された、もうひとつのマルクス主義技術論――・・・・・・・・・・・・市 川 浩

小特集 日独中における産業 IoT の展開と科学技術体制
本小特集の趣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中 村 真 悟
FA の展開と産業oT ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中 村 真 悟
ドイツの科学技術・産業政策における産学公連携の特質― it’s OWL を中心に―・・杉 本 通百則
DMG 森精機の「インダストリー 4.0」に向けた取り組み・・・・・・・・・・・・永 島 昂
中央ヘッセンにおけるミッテルシュタントの産業 IoT と競争力・・・・・・・・・・藤 谷 麻 菜
日本製造業における自動化の展開と産業 IoT・・・・・・・・・・・・・・・・・・山 崎 文 徳
「産業 IoT」の日本における推進のあり方を政策面から考える・・・・・・・・・・兵 藤 友 博
深圳における ICT 企業の成長を支える要因―技術発展体制に焦点―・・・・・・・・高 橋 信 一
中国における IoT の特徴と基盤技術分野における情報化の実態・・・・・・・・・・田 口 直 樹

小特集 今日の科学史リテラシーとは――ヒストリオグラフィーと教授戦略――
序論――科学史教育の諸側面と用語法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山 田 俊 弘
世界史教科書記述と知の歴史―西洋史学の視点・・・・・・・・・・・・・・・・・小 澤 実
戦後の科学史教育の素地をつくった戦時下科学史ブーム・・・・・・・・・・・・・河 村 豊
入門的で体系的な科学史授業の開発―教養科目「科学の歴史」の実践から―・・・・中 尾 暁
板倉聖宣の科学教育論と歴史教育―仮説実験授業と科学読み物―・・・・・・・・・多久和 俊 明
科学史――知を俯瞰するためのリテラシー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・隠 岐 さや香
科学史・技術史教育を考えるための視点とは―2016年度調査の結果をふまえて―・・杉 本 舞
レビュー(0)

一冊定価:¥2037
[ 購読する ]

[ バックナンバー(30) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
テクノロジー・科学 雑誌
化学 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2020雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム