キネマ旬報

キネマ旬報

▼最新号目次▼

■インフォメーション■
1919年(大正8年)に、創刊された映画雑誌『キネマ旬報』は新作・話題作の特集は勿論のこと注目の監督・俳優へのインタビューなどの最新情報や、ビデオ、DVD、BS、CSなどの衛星放送、ブロードバンドなどのマルチメディアに対応した情報も満載。詳細な作品データや興行データなど資料性も高く、映画・映像業界内外問わず、なくてはならない映画雑誌です。また年に一度発表される、『キネマ旬報ベスト・テン』は米アカデミー賞よりも古く、その結果は朝日、読売、毎日他、一般誌、スポーツ新聞各紙に発表されるなど伝統と格式のある賞で、映画ファンの絶大なる信頼を得ています。
[出版社]キネマ旬報社
[発刊日]2021/09/03
[発売日]毎月5,20日
■定期購読
[期間]月額払い
┗価格935円
[期間]1年
┗価格20900円
[アクセスランキング]574位
[販売ランキング]749位
レビュー(41)

一冊定価:¥935
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

■最新号目次■
【巻頭特集】
●「マスカレード・ナイト」
◇インタビュー 木村拓哉
◇コラム Empathy
木村拓哉と鈴木雅之監督
◇コラム Chemistry
木村拓哉とベテラン俳優


◆「MINAMATA―ミナマタ―」
・インタビュー アンドリュー・レヴィタス[監督]
・ジョニー・デップの言葉
・作品評
・インタビュー 美波
・インタビュー アイリーン・美緒子・スミス
・エッセイ

◆映画は社会の何を映すのか 2021年上半期版
勝田友巳×恩田泰子×石飛徳樹×前野裕一(司会)

◆「由宇子の天秤」
・作品評
・インタビュー 瀧内公美
・エッセイ

◆「赤い唇」
・寄稿

◆タイの新鋭監督、ナワポン・タムロンラタナリットを知っているか
・PFF上映作品紹介
・インタビュー ナワポン・タムロンラタナリット
・作家論

◆女性監督による3つの青春映画

◆「科捜研の女 ―劇場版―」
・作品評

◆森田芳光70祭 特集上映篇

◆『ウディ・アレン追放』を読む
“疑惑”とハリウッドにおける#MeTooの現在
・インタビュー 猿渡由紀[著者]
・書評

◆追悼 リチャード・ドナー
・寄稿
・名作プレイバック
◆追悼 鈴木常承
・追悼文

◆『迷路と青空 詩を生き、映画を生きる』
・インタビュー 福間健二


【グラビアインタビュー】
◆沢口靖子「科捜研の女 ―劇場版―」
◆黒木華&柄本佑「先生、私の隣に座っていただけませんか?」
◆小松菜奈&宮沢氷魚「ムーンライト・シャドウ」


…ほか
レビュー(41)

一冊定価:¥935
[ 購読する ]

[ バックナンバー(0) ]

↑ページTOP↑

■関連カテゴリ
芸能・音楽 雑誌
映画・シネマ 雑誌
エンタメ 雑誌

友達に教える

お問合わせ

TOPへ

(C)2021雑誌通販のWEB雑誌屋ドットコム